久々に本の紹介です♪

まだ梅雨も明けていないというのに すっかり夏休み気分に浸っていました。というのもこの本を読んでいたからです。

e0129862_152019.jpg


「しずかな日々」 椰月美智子 作  講談社文庫 

2007年に第45回野間児童文芸賞と第23回坪田譲治文学賞をダブル受賞したという話題作が最近文庫本として発売されたのです。私はこんな本があることを知らなかったのですがたまたま本屋さんでみつけて買いました。もうすっごくおもしろくて夢中になって読みました。


主人公はお母さんと二人きりで暮している小学5年生の少年です。運動も勉強もさっぱりで学校にいても存在感のない幽霊みたいな子供なのですが5年生のクラス替えを機に陽気で人気者の友達ができます。その子から名前にちなんで『えだいち』というニックネームもつけてもらい学校に行くのが生まれて初めて楽しくなるのですが お母さんの仕事の都合で転校しないといけないことになるのです。えだいちが絶対に嫌だと抵抗するので お母さんは同じ町で暮らす ほぼ絶縁状態になっているおじいさん(お母さんの父親)の家で暮せるように取り計らいます。


e0129862_164076.gif


そのおじいさんの家で暮し始めたのが夏休みが始まった日なのです。おじいさんの家は古くて大きな、テレビで見たことのあるような、だれかの田舎みたいなうちで 長い縁側があって 眺めのいい いろんな木がたくさん植わっている庭があります。 初めてできた友達の押野くんや彼を通じて知り合った友人たちも おじいさんの家にやってきて そこでの何気ない日常が描かれています。何気ないんだけれど これまで「世界はぼくと母さんだけ」のような生活を過ごしてきたえだいちにとって その夏は人生のターニングポイントとなるのです。


e0129862_16335281.gif

 

文章が簡潔で情景が思い描きやすくて 私はずっと映画を観ているような感覚でこの本の世界に浸っていました。ある時は実写版だったり ある時は宮崎駿さんのアニメ風だったり。映画化される予定はないんだろうか?~とか思いながら。

この本は一応児童文学のジャンルに属しているようですが 大人が読んだ方が断然おもしろいと思います。この本を読みながら自分が子供だった頃のことも思い出し えだいちと私の2つの物語が同時に展開していくような気分でした。私は人に自慢できるようなたいした子供時代を過ごしたわけではないけれど 「世界は私と母さんだけ」なんていうことはなくて ずいぶんたくさんの人と関わっていたしそれが誇りに思えてきました。


e0129862_21231073.gif


ところでこの物語ではおじいさんの家の縁側と3丁目の空き地というのが重要な役割を果たしています。えだいちも押野くんもおじいさんの家の縁側が大のお気に入りでそこが彼等の特等席なのです。
3丁目の空き地というのは3つの学区の真ん中にあってそれぞれの学校から子供が集まってきて草野球を楽しんでいる場所なのです。ここでは「他人に干渉しないで、ただその時間を楽しむこと」という暗黙のルールがあってそのことがみんなを居心地よくしているようです。
子供ながらにきちんと癒しの空間を確保しているところが素晴らしいです。


e0129862_21471921.gif


実際に読んでみないと この本のよさはわからないと思いますが 私にとっては宝物のような1冊になりました。心に残る名作というよりも この本をバイブルに生きていきたい名作だと思います。

                                       
                                         by 西ノ森 
[PR]
by nishi-no-mori | 2010-06-26 15:50 | | Comments(12)
Commented by つるひめ at 2010-06-27 22:09 x
椰月美智子さんという著者の名前は、初めて知りました。
西の森さんのあらすじからとても興味をもちました。「ぼくとお母さんだけ」の世界からおじいさんや引越した先でできた友達。。。と世界が広がって、。。。ほろ苦い思い出とともに成長していく。少年(少女)時代って大人になって思い返してもかけがえのない思い出ですよね。そのときは、わからないけれど。。。
おじいさんと少年というと湯本香樹実さんの「夏の庭」が思い出されます。こちらは、子ども特有の残酷な好奇心から始まったおじいさんとの
交流ですが、触れ合ううちにお互いに分かり合って、読み終わったあとは、あたたかい気持ちになれるのが良かったです♪
Commented by chanter-fab at 2010-06-28 10:40
「三つ子の魂百まで」と言いますが やはり人は 子供の頃どんな人と関わって どんな遊び方をしたかが 大人になっても忘れがたいものになっていると思います
『えだいち』が 母とふたりだったということは 大きな問題ではなく
存在感がなくても ちゃんと学校へ行って 自分の帰る場所(縁側)と
干渉されず発散する場所(空き地)があるという ごく普通で何気ないけど 実はバランスのとれた生活をしていた。。。ことが素晴らしいことなんだと思いました

今 登校拒否をしている子供が多いようです
母、先生、友人が 出ておいでと声をかけますが無理なようです
とりあえず学校、とりあえず自分が行きたい所に一歩踏み出せば 何かが変わるのではと ブログを読んで思いました


Commented by nishi-no-mori at 2010-06-28 21:16
☆つるひめ☆
私もこの本を読むまで椰月美智子さんって作家知らなかったの。でもすごくいい文章を書く人で好きな言葉がたくさん出てきたよ。
ちょっと書きそびれたけどこの物語は大人になったえだいちが小学5年生の頃を回想して書いているので最後がとってもいいのです。

「夏の庭」っていう本もあるのですか。こどもとお年寄りが物語の中心になる話っていいのが多いのかも。ちょっと読んでみたいです。

















Commented by nishi-no-mori at 2010-06-28 21:29
☆ちくりん☆
そうそう、えだいちって学校に行っても誰ともしゃべらない日も多かったというのに毎日きちんと学校に行ってたのよ。私も子供の頃学校で嫌なことがあっても学校って毎日行くのが当然だと思ってたけど いつ頃から嫌なら行かなくてもいいようになっちゃったんだろうね?

この本うまく活用すれば精神的に追い込まれている大人も子供も救えそうな気がします。『縁側』と『3丁目の空き地』みたいな家の中と外にくつろげる場所が必用なんだよ、大人も子供も。
Commented by thallo at 2010-06-29 06:43
西の森さん、こんばんは。
とても素敵な本の紹介、ありがとう。妹に頼んで日本で買ってもらおうと思います。児童文学、というジャンルー でも実は大人が読むべき本ってたくさんあるよね。
作者の書いていることは、本当は灯台もと暗しの大人へのメッセージではないか、ということを感じ取る必要があると思います。どの親も西の森さんみたいに感じることができたら、子供への愛し方も変わると思うなあ。
自分から踏み出した一歩 -友達と今まで絶縁だったおじいちゃん。人生は自分で変えられる、勇気という方法で。。今の子供たちに伝えたいね。
私は 重松清さんが好きで、2,3年前から夏に帰るたびに買っていました。今は補習校の図書室で親も借りれるのよ。
西の森さんが今回紹介してくださった本も、学校で買ってもらえるか聞いてみる。きっとたくさんのお母さんが興味あると思うな。
Commented by nishi-no-mori at 2010-06-29 21:41
☆おごしゅさん☆
この本に興味持っていただいてうれしいです! おごしゅさんにぜひ読んでいただきたいと思ってたんです。
鍵コメでおごしゅさんの住所を教えていただいたら私の方から送らせていただきますよ。ブログ再開のお祝いにということで。

おごしゅさんが読んでみてすごくいいと思ったら他の日本人学校のお母さんたちにも薦めてみてください。
ずっと日本で暮している私でさえ子供の頃の夏休みのことが思い出されてすごくなつかしい気持ちにさせられた本なので 日本を離れてイギリスで暮しているおごしゅさんたちには万感の思いで読まれるかもしれません。
私この本はかなりの秀作だと思っています。いい本だった~で終わるのではなくいろいろ考えさせられてディスカッションとかしたくなりますよ。また感想聞かせてくださいね。
Commented by evecookymama at 2010-06-30 05:27
さこちゃん
おひさしぶりです。
この本「買う!」絶対読みたい!
8月は教室もお休みになるので、一杯本を読みたいな~って思っていました・この頃月に3冊読むのが目一杯です。毎年夏にはエアコンの効いたところで本を読む・・そんな生活です。
Commented by nishi-no-mori at 2010-06-30 21:24
☆イブさん☆
イブさんにも読んでもらえるなんて嬉しいです! 夏にぴったりの本ですよ。主人公のえだいちくん とってもいい子できっと好きになりますよ。友達もいい子たちだし おじいさんもいい味出してるんです。
食べ物に関する話題もたくさん出てくるので イブさんにはそれも興味深いかも。
Commented by yaso at 2010-07-02 09:54 x
癒しの空間、それは誰にも必要ですね。でも、それに出会えるというのも、偶然が関係しているような・・・えだいち君、素敵な友達や、おじいさんの家という居場所に出会えて良かったね!
Commented by nishi-no-mori at 2010-07-04 17:46
☆やそ☆
毎日生活しているといろいろしんどいことも多いけど どこかで自分を解放できる場があれば救われると思います。
やそにもこの本ぜひ読んでもらいたいです。おじいさんの家は日本人の心のふるさとみたいなところです。
Commented by 藍色 at 2010-09-21 15:44 x
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Commented by nishi-no-mori at 2010-09-23 21:17
☆藍色さん☆
コメントありがとうございます。トラックバックさせてもらおうと思ったのですがやり方がわかりません。すみません。ちょっと研究してみます。


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧