自分にご褒美♪~「ハリスおばさんパリへ行く」

お待たせしました! 今回は久々に本の紹介です! 
(誰か待っていてくれているのかなぁ。。。。。)

e0129862_20345835.jpg

「ハリスおばさんパリへ行く」 ポール・ギャリコ 著  亀山龍樹 訳  fukkan.com
この本は復刊本です。私がまだ20歳くらいの時に読んで(何年前かは内緒です)すごく感動して、ぜひブログで取り上げたいと思って調べたら復刊本が出ていました。

ハリスおばさんはロンドンの下町に住むおそうじおばさんです。
未亡人で年齢は60歳近く。古びたアパートに一人で暮らしています。
きれいなものが大好きで、少ない収入の中から花を買っては部屋を飾り、つつましやかに暮らしているという言葉がぴったりのおばさんです。

ところがある日、お得意さんの家で2枚のクリスチャン・ディオールのドレスを見たおばさんは、そのあまりの美しさに自分も欲しくてたまらなくなります。

e0129862_21834100.jpg

ハリスおばさんの本がイギリスで出版されたのは1958年。
その頃のディオールのドレスです。一枚だいたい450ポンドだそうですが、今の日本円にしてどれくらいなのか見当がつきません。ディオールのロングドレスの今の相場をご存知の方はぜひご一報を。(上の写真は第1回目の1947年春夏コレクション。右下は1957年)







「ハリスおばさんは、びんぼうぐらしのしつづけだったので、あじわえなかったこの世のすべてのたのしみが――まずしい生活の程度までが――、たった一まいのすてきなドレスの持ち主になることで、つぐなわれるような気がした。――(中略)――ねがいはあるのに金はないという、この問題、はてしなくどうどうめぐりをやらかす気配があった」

でもハリスおばさんのドレスを手に入れたいという欲望はつのるばかりで、運よくフットボールのかけで102ポンド7シリング9ペンス半(いくらよ?)当てたことをきっかけにドレスを買うことを決意し、コツコツお金をためはじめます。そしてその日から2年6ヶ月と3週間後、とうとうハリスおばさんは花の都パリへとやってきたのでした。

e0129862_2138363.jpg


クリスチャン・ディオールのお店に着いたものの、あまりの場違いさに最初はお店の人たちもハリスおばさんを相手にしていなかったのですが、おばさんのどうしてもドレスを手に入れたいという熱意にほだされ次第にみんなが協力的になっていきます。そしてハリスおばさんのおかげで
その人たちにも幸運がやってくるのです。

e0129862_21512578.jpg


ハリスおばさんが購入したドレス「誘惑」~でもハリスおばさんは「ユウヤク」と発音しています。
上の写真とシルエットが似ていますね。











ようやくドレスを手に入れてロンドンに持ち帰った後もひと波乱あって、単純に「めでたしめでたし」とはいかないのですが、ハリスおばさんはドレスを買ったことよりも、むしろ、冒険と一つの貴重な体験を買ったのだということに気づくのでした。
e0129862_22183467.jpg


昔読んで感動したからって今読んでも感動するのだろうか?と思って読み始めたのですが、年齢を重ねた分20歳の頃よりもハリスおばさんの気持ちがとてもよくわかりました。
本当に読んだ後気分爽快で、とっても前向きな気持ちになります。
ブログを始めなければ、わざわざ高い復刊本を買ってまでもう一度読もうなんてきっと思わなかったでしょう。ハリスおばさんに再会できて本当によかった~☆

この本はもともと「少年少女講談社文庫」から1973年に出版されたものですが(私は後に文庫本で読みました)ぜひ「中高年文庫」にも入れてもらいたい一冊です。


e0129862_2214691.jpg


この方がクリスチャン・ディオールさんです。この本の中でもいい場面でところどころ顔を出します。それにしてもこの本、クリスチャン・ディオールのすごい宣伝になってますよね。私でさえショーが見たくなってきました。
[PR]
by nishi-no-mori | 2008-04-26 21:04 | | Comments(11)
Commented by 甲府人 at 2008-04-27 11:11 x
西ノ森さん,ハリスおばさんの本,挿絵がかわいくて,思わずニコニコしてしまいました。人間前向きに生きていかなくっちゃね!そう思いましたよ。でもそれが,なかなか難しいのよねー。わかってるんだけどさ。でもこの本は,勇気がでるし,楽しそうでいい感じだね。また機会があれば,見せてね。
Commented by 西ノ森 at 2008-04-27 20:39 x
♪甲府人さん
この挿絵を見るだけでもハリスおばさんが貧しくても明るくたくましく生きてる人だっていうことがわかるでしょ?
ぜひ甲府人さんにも読んでもらいたい本です。
本当に幸せな気持ちになるよ~☆
Commented by mimosagarden at 2008-04-29 12:44
遅ればせながらですが、リンクさせていただきました。
これからもどうぞよろしくねm(__)m
Commented by 西ノ森 at 2008-04-29 20:08 x
♪ミモザさんリンクありがとうございます。
そちらに伺った時にリンクをお願いするつもりでした。
私も早速リンクさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いします。
5月1日楽しみにしています~☆
Commented by つる姫 at 2008-04-29 22:59 x
年を重ねても貧しくても潤いのある美しい生活を楽しみ、かつ行動的なハリスおばさんに拍手!
ハリスおばさんに協力した人々にも幸運が・・・
そうこなくっちゃ!
やはり情けは人のためならずですよね。
続きはどうなるのかな・・・
また教えてくださいね。
Commented by 西ノ森 at 2008-04-30 21:22 x
♪つる姫さん
ハリスおばさんって気持ちいいくらい自分が欲しいと思ったものを手に入れることにまっしぐらなのよ。
わざわざパリまで行ったのにドレスが手に入らないと思ったときには子供のように泣いてしまうしね。だからまわりの人たちもなんとかハリスおばさんの夢を叶えてあげようと必死になるの。
やっぱり人間欲しいものには正直にならなあかんなぁと思うわ。
Commented by wakorisa at 2008-04-30 22:23
最近,図書館の子どもコーナーの本が気になって,よくのぞいています。
今頃『赤毛のアン』を読み直しているのですが,
大人になって読んだら,また違う感想を持ちますね。
(というか,昔の感想は覚えていない?!)
サコさんが紹介して下さった本,読んだことはないのですが,
是非読んでみたいと思いました!
サコさんの本の紹介,私は楽しみにしていますよ(*^_^*)
Commented by 西ノ森 at 2008-05-01 21:31 x
♪wakorisaさん
本の紹介楽しみにしてくださってありがとう~。
これからも折を見て本の紹介していきたいと思ってます。
「赤毛のアン」今年出版されてから100周年ということで私ももう一度読み返してみたいなぁと思っています。
また新たな発見があるかも。
Commented by chanter-fab at 2008-05-01 23:04
日常の暮らしって 平常が安心でいいけど・・・
人って 何かをしたい(本のなかでは何かがほしい・・・)って
強い気持ちを どこか持って暮らしたいよね
目標があれば 手段を考えるし、努力するし・・・
あーーこのこと 近頃のとんでもないことしでかす
大人や子供や・・・
とくに’めんどっちい’が口癖の我が子にわかってほしいわァ  
Commented by 西ノ森 at 2008-05-02 21:36 x
そうそう、ハリスおばさんって「ドレスを買おう!」って決心してからいろいろ頭使ってお金を貯めたのよ。
パリに行ってからはまわりの人たちが、ハリスおばさんが無事ロンドンへドレスを持ち帰れるよういろいろ考えてくれたりね。

目標があるっていうのはいいよね。生活に張りができるし。
ちくりんも最近ハリスおばさん入ってるよ~☆
Commented by sue at 2008-05-08 03:19 x
ありがとう
わたしもこの本 読みたくなりました
絵本大好きな私 これからも色々話聞かせてください


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧