宝塚宙組公演「王妃の館」「VIVA! FESTA!」観てきました

宝塚宙組公演「王妃の館」「VIVA! FESTA!」を初日の次の日に早速観劇しました。

e0129862_15485358.jpg


お芝居の「王妃の館」は浅田次郎さんの小説の初のミュージカル化ということで原作は読んでいないものの 主人公がかなり癖のある人で宝塚のトップスターが大劇場公演でやるような役なんだろうか?と心配していたのです。

でもお芝居そのものが複雑な話をテンポよくまとめてあって もう最初から爆笑に次ぐ爆笑でめちゃくちゃ面白かったです!

しかも最初は笑いっぱなしだったのが最後は愛にあふれた終わり方で何か胸が熱くなって涙がポロポロこぼれてきました。

そしてラストシーンの美しいことといったら。


ところでこの公演は演出の田渕大輔先生の大劇場デビュー作です。デビュー作から大ヒットになりそうですね! おめでとうございます!

宙組のみんなの演技もサイコー!

私もう大絶賛させていただきます!


主人公のセレブ気取りの我儘な恋愛小説家・北白川右京役を演じる朝夏まなとさん。できる役の幅が広くてすごいです!

途中までは本当に変な男の役なんですが 途中からだんだん素敵に見えてくるんですよ。
やっぱり宝塚の男役はこうでなくちゃね。


旅行会社の社長兼ツアーコンダクター役の桜井玲子の役を演じる実咲凜音さん

私これまでの実咲さんの役では「風と共に去りぬ」のメラニーとか「メランコリック・ジゴロ」のフェリシアとかおとなしめの役が好きだったんですが このしっかり者の桜井玲子の役ぴったり~! 本人の素に近いらしいですが のびのび演じていて気持ちいいです。


ルイ14世役の真風涼帆さんも「メランコリック・ジゴロ」のスタンとか「バレンシアの熱い花」のラモンとかあんちゃんみたいな役がとても似合いながら 「エリザベート」のフランツ・ヨーゼブとか今回のルイ14世のような高貴な役もすごく似合いますね。

あの重そうなゴージャスな衣装がとても似合っていて 大真面目に演じてるのにすごくおかしいんです。


後ダブルブッキングの光ツアーと影ツアーの人たちもみんなキャラが濃くて。

特にオカマ役(今はオカマなんて言い方あんまりしないけどプログラムにそう書かれてるので)で弾けた演技をしている蒼羽りくさんはすごく儲け役ですね。同室の警官・澄輝さやとさんに迫るところが笑えます。

愛月ひかるさんも関西弁で笑いを取りまくってます。

桜木みなとさんは影ツアーを担当してる桜井玲子の部下の役で ず~っとメソメソしているヘタレキャラなのですが かわいくて憎めない青年です。 


伶美うららさんは出番が少なくて残念だったけど ルイ14世に見初められたのが納得の美しさでした。
本当にドレスが似合いますね。

老夫婦(一樹千尋さん、花音舞さん)と初老の夫婦(寿つかささん、美風舞良さん)のやりとりにもじ~んときました。

私長年宝塚を観ていますが お芝居が終わる頃に主な登場人物全員が好きになってる公演ってあまり記憶にないです。

本当に笑えて泣けていいお芝居でした。

e0129862_1773178.jpg



ショーの「VIVA! FESTA!」も「牛追い祭り」の場面とか「YOSAKOI ソーラン」の場面とかフィナーレの群舞とかエネルギッシュでカッコいいダンスシーンが多くて見ごたえあるショーでした。

でもお芝居の印象が強すぎて細かいところまでよく覚えてません。(^^;


とにかく今回の宙組公演はかなり満足度の高いものでした。


なんとかスケジュールを調整してもう1回観たいです。

チケット取れるかな~。


                            by 西ノ森
[PR]
# by nishi-no-mori | 2017-02-05 15:50 | タカラヅカ | Comments(1)

七海ひろき主演「燃ゆる風」観てきました

諸事情あってしばらくブログをお休みしていましたが 私のごひいきのカイちゃん(七海ひろきさま)がこの度バウホール公演で初の単独主演を果たしましたので書かないわけにはいきません。

e0129862_14431357.jpg


見てください、この美しさ! このポスターは発売されてすぐに売り切れてしまったそうです。
(幸い私はうまく手に入れました)

カイちゃんの役は後の豊臣秀吉となる羽柴秀吉に仕えた竹中半兵衛。

戦国時代の歴史に疎い私は知らなかったのですが竹中半兵衛って戦国の世の沖田総司と謳われ、かなりの美貌でおまけに武芸と智略にも秀でていたとか。

こんな3拍子揃ったカッコいい役を与えてくださった演出の鈴木圭先生に感謝です!


観劇当日は最初は胸がドキドキしていましたが 開演1時間前くらいになると緊張のあまり心が無になり、開演アナウンスでカイちゃんの声が流れてきた時はそれだけで嬉しくで泣きそうになりました。


カイちゃんの竹中半兵衛の役本当にぴったり~。
3拍子揃った上に優しくて戦国武将でありながら人の命を大事にするという、こんなジェントルマンな武将がいたなんて驚きです。


カイちゃんは研14にして初のバウ単独主演ということで主役を演じることが楽しくてしかたがない気持ちが伝わってきました。

お芝居の内容もいいので大熱演で泣けました。カイちゃんのハートのあるお芝居好きです。


半兵衛の奥さん役の真彩希帆ちゃん はかわいくて歌がうまくてお芝居もうまくて前から好きな娘役さんなので今回カイちゃんの相手役に選ばれて嬉しかったです。

控えめな役なので印象は薄いかもしれないけど好感が持てました。


このお芝居って音波みのりさん演じる濃姫がすごくキーパーソンになっております。
音波さん、美しくてお雛様みたいだ~とみとれてしまいました。
素敵な娘役さんに成長されましたね。


それから羽柴秀吉役の専科の悠真倫さん。すごく弾けて落ち着きのない秀吉だけど憎めないというか愛すべきキャラクターになっておりました。


織田信長役の麻央侑希さん も信長の荒々しい気性をうまく演じていて存在感があったし、黒田官兵衛役の天寿光希さんはそれほど出番は多くないものの2幕で泣かせてくれました。


それからカイちゃんを大好きな天華えまちゃん は半兵衛をお守りする役ですごく嬉しそうに演じていました。とっても儲け役です。


e0129862_15515115.jpg


ポスターの写真も素敵ですがこのスチール写真もめちゃくちゃ素敵です!
(目線がこっち向いてるし)

この1年カイちゃんの人気はうなぎ上り。

この公演のポスターだけでなく今年のポスターカレンダーもパーソナルブックも売り切れです。

次の「スカーレット・ピンパーネル」ではロベスピエールの役ですが出番がたくさんあるといいなぁ。

どんどん出番が多くなって一番出番が多い人になって欲しいなぁと願っております。

カイちゃん頑張って~053.gif


                            by 西ノ森
[PR]
# by nishi-no-mori | 2017-01-22 16:05 | タカラヅカ | Comments(0)

カレンダー原画展

生駒のカフェ・ヒュッゲさんで22日まで開催中のカレンダー原画展に行ってきました。

e0129862_22273556.jpg


カフェのオーナー、ナチュラルハーモニーさんが作られたお花のリースやアレンジメントに合わせてイラストレーターの山埼牧子さんがイラストを描かれたコラボカレンダーです。

このウェルカムボードの絵もナチュラルハーモニーさんが姫リンゴにWelcomeと書かれたのにインスピレーションを得て描かれたものとか。

ねずみちゃんたちの表情がかわいいですね~053.gif

e0129862_2232561.jpg


カフェの店内にさりげなく原画が展示されています。

カフェ・ヒュッゲさんは蒔ストーブとロッキングチェアのある童話に出て来るような素敵なカフェです。

ランチはマフィンとスコーンから選べます。
どれも美味しそうでいつも悩みます。


e0129862_2236244.jpg


カレンダーの一部をちょっとお見せしましょう。
写真とイラストのコラボで1300円はお得です。


e0129862_22524117.jpg


そしてもう終わってしまったのですが 南森町のギャラリー・アートカクテルで開かれていた「イヌホリ inu holic ~柴とその仲間たち~」展にも行って来ました。

20人ほどの作家さんが出展されていてマキちゃんの絵も展示されていました。

e0129862_2243406.jpg


マキちゃんの絵はがきコーナー。

2匹の柴犬くんはマキちゃんの2人の坊やがモデルです。

絵はがきの横にどんぐりを置いているのがマキちゃんらしい。(^^)


e0129862_22455025.jpg


イラストだけじゃなく柴犬の写真も。

真ん中の列の右端はフロリレージュさんちのアレンくんです。

お眼目ぱっちりで男前~。


インスタを始めてからいろんな人の絵を見るのが楽しみなので また時間のある時にギャラリーめぐりとかもしてみたいなと思います。



                            by 西ノ森
[PR]
# by nishi-no-mori | 2016-10-11 22:50 | アート&カルチャー | Comments(4)

星組公演「桜華に舞え」「ロマンス!!」観てきました

星組トップコンビ北翔海莉さん妃海風さんのさよなら公演「桜華に舞え~SAMURAI THE FINAL」「ロマンス!!」を初日の翌日に観劇しました。

e0129862_1733495.jpg


今回北翔さんは薩摩藩の貧しい下級武士の家に生まれ、人並みはずれた度胸と剣の腕で、明治維新の立役者となった桐野利秋の役です。

相手役の風ちゃんは桐野を慕う会津藩の武家の娘。

私は幕末から明治維新にかけての歴史に詳しくないし、桐野利秋という人も特に有名でもないのでちょっとストーリーがわかりにくかったのですが、最後は男同士の友情とか家族愛とかに泣かされました。

ラストシーンは出演者勢ぞろいで音月さんのさよなら公演「JIN-仁-」を思い出しました。
同じ斉藤吉正先生の演出だしね。

まだ始まったばかりだし後2回観る予定なので詳しい感想はまたにしますが たくさんの生徒に見せ場があってとてもよかったと思います。


今回私が一番気になってたのは大好きな七海ひろきさんの出番がどの程度あるかです。

前回の大劇場公演「こうもり」では主要メンバーだというのに出番が少なくて悲しい思いをしました。(;;)

でも今回はお芝居でもショーでも結構扱いがよく 3番手の礼真琴さんと比べても同じくらい出番があったように思います。


カイちゃん、とにかく美しかったです。

まずお芝居の「桜華に舞え」~カイちゃんの役は後に大警視となる川路利良という実在の人物の役なのですがプロローグは侍姿で登場します。

これがびっくりするほどきれいで!

沖田総司みたいに長い髪を後ろで束ねているのですがすごく似合っているのです。

もしかして来年バウで単独主演が決まっている「燃ゆる風―軍師・竹中半兵衛―」もこんな髪型で出て来るんだろうか? 楽しみ過ぎる~053.gif

もうここから心拍数UPです。

次には利秋の親友役の紅ゆずるさんと欧州留学から戻ったとかで洋装で登場。
これもスタイルよくてとても似合っております。

そして警視になってからは口ひげをつけて制服で登場。とても渋いです。

正直カイちゃんにみとれているうちにお芝居が終わってしましました。(^^;

e0129862_1863970.jpg


これはショーのスチール写真ですが実際はこれよりずっときれいです。
(もっと映りのいい写真にしてくれたらいいのに)

ショーでもカイちゃんは大活躍で2番手の紅さん、3番手の礼まこっちゃんと3人で出てくる場面が多かったです。

女装(?)の場面もあったのですがとてもきれいでした。

「ロマンス」は演出の岡田敬二先生のロマンチック・レビュー・シリーズ第19作目。

私ロマンチック・レビューって大好きで今回も好きな場面がたくさんありました。

特に第3章「初恋」の場面が好きです。
音楽も背景も衣装も照明もすべて素敵でした。
この場面カイちゃんは出てないんですけどね。(^^;


お芝居もショーも観終わった後余韻の残るいい作品だったと思います。

あと2回観られるので楽しみです。


                          by 西ノ森
[PR]
# by nishi-no-mori | 2016-08-28 18:23 | タカラヅカ | Comments(2)

宙組公演「エリザベート」雪組公演「ローマの休日」観てきました

ちょっと感想を書くのが遅くなりましたがお盆休みに宝塚で「エリザベート」をその1週間前に梅田芸術劇場で「ローマの休日」を観劇しました。

まずは「エリザベート」の感想から。

e0129862_21573758.jpg


宙組のトップコンビって何をやってもうまいから「ついに『エリザベート』の決定版が観られる!」ととても期待して行ったんです。

でも残念ながら決定版というほどのものではなかったです。満足度の高い舞台ではありましたが。
「エリザベート」って本当に難しい演目なんですね!


トートを演じた朝夏まなとさん は以前は歌が苦手だったそうですが 少なくとも宙組に組替えになってからは結構うまく歌っていたと思います。

でもトートの歌は難易度が高いのか「最後のダンス」とか「闇が広がる」はとても迫力があってよかったんですけど 「愛と死の輪舞(ロンド)」や「私が踊る時」など歌によってはちょっと声がザラつくのが気になりました。

でもオラオラ感というのかオレ様感というのか 闇の帝王トート閣下としての存在感は歴代のトートの誰にも負けていなかったと思います。


エリザベートの実咲凜音さん は歌はまったく問題なく貫禄もあっていいのですが ちょっと華に欠けるというか何かこじんまりした感じでした。


歴代のエリザベートの中で私のナンバー1は白城あやかさん なのですが なかなか彼女を超えるエリザベートに出会えないのが残念です。
まあこれは好みの問題だとは思いますが。

フランツ役の真風涼帆さん はルキーニの方が似合うと思っていたのですが フランツ・ヨーゼフの役が予想外に似合ってました。

とにかく美しい皇帝で歌もずいぶんうまくなったと思います。


ルキーニ役の愛月ひかるさん も歌が安定していてよかったですが ルキーニの狂気みたいなのがちょっと薄かったかも。

私が観た時のルドルフは澄輝さやとさん だったのですが 美形だし歌も悪くなかったし繊細な感じで似合っていたと思います。


楽しみにしていた純矢ちとせさん の皇太后ゾフィー、さすがに素晴らしかったです。
結婚式の翌朝にエリザベートを叩き起こすあの場面 すごい迫力で本当に怖かったです。

あと、マダム・ヴォルフの伶美うららさん の美しさと ルドルフの子供時代を演じた星風まどかさん のかわいらしさが印象的でした。


多少の不満はあっても「エリザベート」は楽曲そのものが素晴らしいから 宝塚でも20年の間に9回も再演が繰り返されてきたのでしょう。

いつかベストメンバーで決定版が観たいものです。


e0129862_230769.jpg


雪組の「ローマの休日」も映画が有名過ぎて 演じる方はプレッシャーだったと思いますが とてもほのぼのしていてハッピーエンドではないのに観終わった後幸せな余韻が残る作品でした。


私は月城かなとさんが早霧せいなさん演じるジョーの友人のカメラマン・アービングを役替わりしている公演を観たのですが 早霧さんとの掛け合いがとても楽しかったです。


e0129862_12424633.jpg


月城かなとさん は美容師のマリオの役もすごく弾けて2枚目を捨てて笑いに徹していたそうですが どちらか観るとしたらやっぱり2枚目で出番が多い方を選んでしまいました。(この写真はマリオ役の方です)
本当にイケメンで素敵です~053.gif


アン王女役の咲妃みゆさん は声がかわいくて清楚で王女としての育ちの良さを感じます。

こんな人に信頼を寄せられたら 最初はスクープを取るつもりでアン王女に近づいたジョーの気持ちが変わるのも当然だな~と思う演技でした。


それにしても早霧せいなさん はトップに就任してから話題作ばっかりで素晴らしいです!

作品に恵まれているだけじゃなく それをちゃんと当たり役にしているし 歌は苦手なのに快進撃続き!(褒めてます) 


宝塚のファンじゃない人が観ても楽しめるような作品ができるというのが強みですね。
こんな感じで卒業まで突っ走っていってほしいです。



                             by 西ノ森
[PR]
# by nishi-no-mori | 2016-08-21 15:47 | タカラヅカ | Comments(2)


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧