カテゴリ:タカラヅカ( 132 )

花組公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」観てきました

もう終わってしまいましたが7月10日から16日まで梅田芸術劇場メインホールで上演されていた宝塚花組公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」を観てきました。

e0129862_1533369.jpg


この公演は8月8日から16日まで台湾で上演されます。

普段「ベルサイユのばら」は1本立て2時間半の公演なのですが 今回はショーとの2本立てのため1時間40分しかありません。

2時間半でさえ長い原作をダイジェストにしたような内容なのにそれをさらに短くしているから ダイジェストのダイジェストのような「ベルサイユのばら」のストーリーを知ってなければちょっとわけがわからないかも。

台湾の人大丈夫なのかしら。


「フェルゼンとマリー・アントワネット編」なのでオスカルとアンドレも登場するのですが出番がすごく少なくて。


「今宵一夜~」の場面もなくアンドレが目が見えなくなってきているという設定もなく。


おまけにフェルゼンはアンドレからオスカルが自分に恋心を抱いているという話は聞くのだけど アンドレがオスカルを一途に思っていることをオスカルが知る場面がなかったわ。


アンドレ役の芹香斗亜さんは本当に出番少なくて「心の人オスカル」を歌うところが一番の見せ場だったような。まだまだ歌がうまくなりそうな感じがします。


柚香光(れい)さんのオスカルは顔が小さくて人形みたい。

オスカルの雰囲気出てましたが もう少し学年が上がってからもう一度オスカルを観てみたいです。

e0129862_16251035.jpg



バスティーユの場面まではあっというまでしたが そこからはマリー・アントワネットとフェルゼンの見せ場がありました。


革命委員会からルイ16世に処刑の呼び出しがかかり 子供たちまで連れ去られ 悲しみにうちひしがれたマリー・アントワネットの演技がとてもよかったです。


その後の牢獄の場面も。とっても若々しいフェルゼンとアントワネットだけど 明日海りおさんも花乃まりあさんも歌もお芝居もしっかりしているし見ごたえありました。


明日海さんはきれいで品があって貴族がぴったり~。
歌声もさわやかでいいですね。

e0129862_16394380.jpg



フィナーレがないのでフェルゼンが「王妃さま~っ!」って叫ぶところであっけなく幕が降りてしまって寂しかったですが その分ショーがとても楽しかったです。


私はセンターブロック通路側の席だったのですが 大劇場で観た時客席降りなんてなかったのでなんの期待もしていなかったら どうも客席降りが何回かあるという情報が。


プロローグで明日海さんが客席に降りてこられたのですが 13列目と14列目の通路のところで立ち止まってしまわれたので「やっぱり私のところまでは来ないわ~」と思っていたら(14列目よりちょっと後ろでした)また歩き出してこちらに来られたので 明日海さんの手にタッチできました。やった~053.gif


そして中詰めでもまた何人か降りてきて 私の横には専科の歌姫・美穂圭子さんが立たれたのでしっかりと握手してもらいました。ご利益ありそう。


そして最後は芹香斗亜さん、瀬戸かずやさん、鳳真由さん、柚香光さんの4人が台湾の歌を(台湾語で?)歌いながら降りてこられたのですが 4人が客席のあちこちをグルグル回っているのを見ながら「誰かとハイタッチできるかな~」ってドキドキしながら待っていたら 鳳真由さんが来てくれました。うれし~。

アイドル系でかわいいですね。


e0129862_1761748.gif



これだけでも十分ラッキーだったんですけど なんとその日はバウホール公演組が来られていました。


バウ初主演の鳳月杏さん、天真みちるさん、水美舞斗(みなみまいと)さん他数名。(すみません、後わかりません)


柚香光さんと同じく精鋭ぞろいの95期の水美舞斗さん、素顔もとっても素敵~053.gif

公演が終わって客席から出て行く時 娘役の誰かとおしゃべりしていて見せたおどけた表情がすごくかわいかったです。

水美舞斗さんも将来トップになれたらいいのにな~。


それにしてもこの公演 7日間しかなくてチケット手に入れるだけでも大変だったのに こんな幸運に恵まれて今年の運の半分くらい使ったような感じです。(^^;


まだ今年も後5ヶ月ちょっと残っているし 頑張らなくちゃ。


ところで・・・・・


e0129862_2117474.jpg


7月27日(月)まで阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーで「わたしのマーガレット展」が開催されています。

「ベルサイユのばら」の原画も出口近くの特別コーナーに展示されています。


私はもう既に2回足を運んだのですが この展示会の感想は後日ゆっくり書きたいと思います。
(書きたいこと忘れそうで心配ですが・・・)

                         
                                     by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-07-19 17:26 | タカラヅカ | Comments(2)

宙組「王家に捧ぐ歌」2回目観劇

初日の次の日に観劇して以来1ヶ月ぶりに2回目を観ました。
宝塚宙組公演「王家に捧ぐ歌」。

e0129862_1623379.jpg


最初に観た時も朝夏まなとさん、すごく気合入ってるな~って思いましたが 本当に気力も体力も充実しているような歌声で素晴らしいです。

こういうスケールの大きな作品って観ている方も力が入って体力いりますね。(笑)

コメディとかの気軽に楽しめる作品もいいけど こういうのもたまには観たいです。


1ヶ月ぶりの観劇で一番気になっていたのはアムネリス役の伶美うららさん。

初日の次の日に観た時は高音が出なくて声が何度かひっくり返っていたけど ちゃんと歌えるようになったんだろうか?って。

6月の中旬に観た友達は「やっぱり声ひっくり返ってた」って言ってたし ネットでチェックしても1度もちゃんと歌えたことなさそうだし。。。。。


でも、昨日7月4日11時の部に関しては 相変わらず高音部分は苦しそうだったけど少なくとも声は1度もひっくり返ってなかったと思います。(私の判定が甘いのか?)


美貌の王女の役どころにふさわしく 華やかな容姿だし演技もしっかりしているし 歌も高音以外はちゃんと歌えているので 声さえひっくり返らなかったらもう下手でもいいよ、って感じです。(^^;

歌のうまい純矢ちとせさんがやったら歌唱面に関しては全体的にレベルは上がっただろうけど 貫禄ありすぎて王女というより女王みたいになってしまうしね。


e0129862_16564246.jpg


ところで「王家に捧ぐ歌」の新人公演でヒロインに大抜擢された100期生、研2の星風まどかちゃん がすごくよかったって絶賛されています。


私もスカイステージのタカラヅカニュースで見たのですが 愛らしい容姿なのに低音もしっかりしていて なかなか実力ありそうです。

ちょっと童顔だけどテレビ映りもよくて 劇団四季の看板女優・野村玲子さんに似た雰囲気もあり将来が楽しみです。表情がかわいいので何回も繰り返し録画を見てしまいました。



e0129862_1784836.jpg


帰りは7月13日(月)まで阪急うめだ本店9階アートステージで開かれている ドールハウスフェア2015に寄りました。


ドールハウスって本当に夢がありますね~。


あちこちから「きゃ~かわいい~053.gif」とか歓声が上がっていました。


洋館の中におしゃれな家具とかドレスとか小さなものがいろいろ飾られていてうっとりします。


エリザベートの肖像画が壁に飾られてるのもありました。


こんな部屋で暮せたらな~って思いながら見ていますが 実際にあんな貴族の館みたいな家具は選ばないでしょう。(笑)


今年は7月1日(水)~13日(月)までの通期展示 7月1日(水)~7日(火)の前期展示、7月8日(水)~13日(月)の後期展示に分かれているみたいです。


無料なのでお時間ある方はちょっとのぞいてみてくださいね。



                                              by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-07-05 17:32 | タカラヅカ | Comments(6)

宝塚宙組公演「王家に捧ぐ歌」観劇

宙組新トップコンビ朝夏まなとさん、実咲凜音さんの宝塚大劇場お披露目公演「王家に捧ぐ歌」を初日の翌日に観てきました。

e0129862_20401764.jpg


「王家に捧ぐ歌」はイタリアの大作曲家ヴェルディの有名なオペラ「アイーダ」の宝塚版です。

古代エジプトを舞台に、エジプトの若き将軍ラダメスと、エジプト軍に捕らえられ奴隷となったエチオピアの王女アイーダとの悲恋の物語。

2003年に星組で上演され 今回12年ぶりの再演です。


朝夏まなとさんと実咲凜音さんはプレお披露目の「TOP HAT」もすごくよかったけど 今回のお披露目も作品に恵まれて感動的ないい舞台になりましたね。

強くて誠実でまっすぐな性格が朝夏さんの人柄ともかぶって 魅力的なラダメスになっていると思います。


アイーダ役の実咲凜音さんの歌も申し分なく 二人とも実力があるので安心して観ていられます。

フィナーレのデュエットダンスのリフトも素晴らしかったです。(かなり感動もの)


e0129862_21473828.gif


この「王家に捧ぐ歌」ってセリフで語るところはほんの少しで ほとんど全部歌なんです。

すごくエネルギーのいる舞台だと思うけど コーラスも素晴らしく迫力ありました。

エチオピア王役の一樹千尋さんとエジプト王役の箙かおるさんは12年前の星組公演でも同じ役をされていましたが さすがにすごい存在感でした。

一緒に観劇したコーラスが趣味の友達は一樹千尋さんの歌が一番素晴らしかったと絶賛しておりました。


ところで私は12年前の星組公演も観劇しているのですが 湖月わたるさんの大劇場トップお披露目公演であり、歌唱力抜群の2番手男役だった安蘭けいさんが アイーダを演じたことでとても話題になった作品だったというのに 一番印象に残っているのはエジプト王女アムネリス役をされた檀れいさんなのです。


本当に美しさがきわだっていて くらくらしてしまいました。

e0129862_2123223.jpg


今回そのアムネリスの役をされているのは 伶美うららさんです。

伶美さん、きれいだし王女としての気品もあってお芝居はいい感じなのに歌が・・・・・。

お芝居始まって華やかに登場して歌う場面で 結構短い歌だというのに高音部分が出なくて2回も声がひっくり返っていました。

本人は動揺を見せず そのままお芝居を続けていましたが 聞いてる私の方が動揺してしまいました。(^^;

まぁ本人も内心泣きたい気分でしょうが。

でも高い声が出ないだけで 音程の高くない歌はきちんと歌えているのでなんとか頑張ってちゃんと歌えるようになってほしいです。


彼女 私と誕生日が同じなので陰ながら応援しているのですよ。(^^)


e0129862_21442022.jpg


そして星組から組替えで宙組の2番手としてやってきた真風涼帆さん。

アイーダのお兄さん役で今回出番はあまり多くないのですが ワイルドな役が似合ってとてもカッコよかったです!

4年前の星組公演「ノバ ボサ ノバ」の役替わりで2番手格のオーロの役をやった時 トレンディー俳優みたいにカッコよくて このまま星組の2番手にすればいいのに~と思ったのですが そんなわけにはいかなかったみたいで。


その後大劇場公演ではカッコいい!というような役に恵まれず なんか低迷しているというか足踏み状態というか 客観的に見てぱっとしない状態が続いていたけど 宙組でようやくブレイクしそうですね!

歌もそこそこ歌えてました。

次の全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ」が楽しみです。


この公演って栄華を誇っているエジプト人の衣装が豪華できんきらしているのですが フィナーレの衣装もきんきらで宝塚を観た~って気になります。(笑)


でもデュエットダンスの衣装はオーソドックスな白で雰囲気ががらっと変わってこちらもとても素敵です。


そして最後に大階段を降りてくる時の羽根が~っ!


私宝塚を観始めてもうすぐ41年ですが こんな羽根今まで見たことないような。


e0129862_226184.jpg


あんまり素敵だったので スカステのタカラヅカニュースの初日の映像を撮りました。

ふわっふわっして 何かゴージャス。


新生宙組も楽しみです。

100周年も終わって ちょっと宝塚通いも落ち着くかと思ったけど。。。。。

まだまだ忙しくなりそうです。(^^;


                    
                                             by 西ノ森







             
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-06-07 22:16 | タカラヅカ | Comments(4)

「柚希礼音ラストデイ」ライブ中継観てきました

昨日5月10日をもって宝塚歌劇団星組のトップスター柚希礼音さんが宝塚を卒業されました。
宝塚での千秋楽は大雨の中 サヨナラのパレードでしたが 東京での千秋楽はお天気に恵まれてよかったですね!

e0129862_21541127.jpg



宝塚のトップスターが退団する時は東京宝塚劇場で観られないファンのために全国の主要都市の映画館でライブ中継があるのですが 今回はスーパースターの柚希さんの退団ということで  さいたまスーパーアリーナ、宝塚バウホールをはじめ 全国45ヶ所の映画館にて行われ、約2万6000人がリアルタイムで ラストデイを観劇したそうです。

なんと台湾の映画館でも中継があったのです! 2年前の台湾公演が大成功だったからですね。

私はTOHOシネマズなんばで友達と見たのですが 1時半に始まって終わったのは6時20分を過ぎていました。 

幕が開く前にライブ中継を観ている人たちのために柚希さんのメッセージが映像で流れ お芝居の「黒豹の如く」が始まり その後30分の休憩。

ショーの「Dear DIAMOND!!」に続き サヨナラショー、退団者の挨拶、そしてカーテンコールが確か7回。

幕がようやく降りた後 またまた柚希さんがスクリーンに登場。

初舞台から 今年3月のディナーショーまで柚希さんのヒストリーが10分間流れ 柚希さん作詞の歌「たからづか」を歌う映像が流れ 最後にまた柚希さんのメッセージ映像。

もう本当に堪能しました~053.gif

e0129862_22241222.gif


それにしても柚希さんも相手役のねねちゃんも 6年もトップの座にいたなんて本当に大変なことだったと思います。


近年では和央ようかさんも6年トップを務めているけど 彼女の場合は結果的に6年続いたみたいだけど 柚希さんの場合は2009年にトップスターに就任した時に 100周年が終わるまではいようと思っていたみたいだから最初から道のりが長いではないですか。

心が折れそうになった時もあったっておっしゃってたけど 無事卒業の日を迎えられて本当におめでとうございます。


私は柚希さんの熱烈大ファンというわけではないけど 柚希さんのことはすごいスターさんだ!って思っていて 大劇場公演に関してはトップお披露目の「大王四神記」からずっと観ています。(正確には2番手時代の「スカーレット・ピンパーネル」から)


柚希さんのこと「10年に1人の逸材」なんて言ってる人もいるけど 私は「30年に1人の逸材」だと思っています。

少なくとも星組に関しては鳳蘭さん以来のスーパースターです。


今回の退団は単なる宝塚のトップスターの退団なんかじゃなく宝塚のスーパースターの退団です。

宝塚の1つの時代が終わったんだな~ってしみじみ思います。(涙)


e0129862_2259127.jpg


気になる柚希さんの今後ですが 私の願いは

ブロードウェイの舞台で活躍して欲しい!

です。

柚希さんならきっとできる。

渡辺謙さんだってブロードウェイで認められて トニー賞の候補に上がってるし 柚希さんにもそんな日が来るといいなぁ。

ヒュー・ジャックマンにエスコートされて登場する柚希さんを見てみたい! 


とりあえずは ぼちぼち女性に戻ってください。(笑)


                                          by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-05-11 22:19 | タカラヅカ | Comments(5)

花の道の桜&宝塚花組公演観劇

4月4日(土)花組公演2回目を観てきました。

週間天気予報では土曜日は雨となってたんですけど うまい具合に晴れてくれたので花の道の桜を撮影できました。ブログのヘッダーも花の道で撮った桜の写真です。
せっかく桜が満開の季節に宝塚に行くのに雨だったら悲しいですよね。

お天気運よくてよかった~。(^^)v

e0129862_15505288.jpg


私のお気に入りの場所から見た花の道の桜と宝塚大劇場です。
真ん中の高い建物は宝塚とは関係のないマンションですが 景観を美しくするために屋根の色がオレンジ色に統一されています。素敵でしょ?



e0129862_1556921.jpg


しばらく花の道のお散歩におつきあいくださいね。

e0129862_1558941.jpg


宝塚のゲート(右)と花の道


e0129862_1605048.jpg


花の道から見た宝塚のゲート

e0129862_1612651.jpg


アーチ型のゲートとオレンジの屋根がかわいい♪
このゲートは百周年を迎えた昨年、元旦の星組公演の初日に向けてリニューアルされたものです。


e0129862_1682913.jpg


ゲート側から見た花の道。こちらもオレンジの屋根がかわいい♪

e0129862_16151537.jpg


宝塚のグッズコーナー 「キャトル・レーヴ」の外観

e0129862_16162225.jpg


「燕尾服の紳士」のブロンズ像

e0129862_16174051.jpg


こちらは「ベルサイユのばら」

e0129862_16212622.jpg


街灯もおしゃれです

e0129862_16222689.jpg


ハトさんたちもお花見かな?

e0129862_16255643.jpg


こちらは大劇場の建物の外にあるテラスです。武庫川に沿って桜の木が並んでいます。

e0129862_16274759.jpg


ピンクの桜が華やか~。



ところで花組公演ですが1回目の観劇は初日の次の日だったので あれから3週間経ち お芝居もショーもパワーアップしておりました。

明日海りおさん以下主要メンバーも魅力的で新生花組楽しみですね。

それにしてもショー「宝塚幻想曲~タカラヅカファンタジア」のフィナーレの三味線ロックの「さくらさくら」がカッコ良すぎます!

年末の紅白歌合戦は難しいとしても せめてNHKの「歌謡ステージ」とかに出演してこの場面踊ってもらえないかしら。

すごく華やかでこの花組公演を観た人しか楽しめないなんて もったいないっ!て思うんです。
前回「TOP HAT]に続きまた出ちゃった。もったいない。(笑)

主題歌の「幻想曲 花!」も元気が出る曲でテレビ向けだし、実現することを祈ります。


とりあえず私は桜が満開の季節に花組公演を観劇して三味線ロックの「さくらさくら」のカッコイイダンスが観られて大満足でした。

桜ちゃん、前日の雨で散らずにいてくれてありがとう~☆


                                        by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-04-05 17:06 | タカラヅカ | Comments(6)

宙組公演「TOP HAT」を観てきました

宙組の朝夏まなとさんのトップ・プレお披露目公演「TOP HAT」を観てきました~。
有名なミュージカル映画の舞台化ということで期待はしていましたが ここまで面白いとは!
最初から最後まで笑いっぱなしで 大阪での公演期間がたった6日間しかないなんて 「もったいない~っ!」 って叫びたいくらいです。

e0129862_2243570.jpg



「TOP HAT」は1935年にアメリカで上演された映画で、映画史上最高のダンスペアとされているフレッド・アステアジンジャー・ロジャースが共演したことで話題になったそうです。

その映画が2011年ににイギリスで初めて舞台化され、日本では宝塚歌劇が初上演することになったのです。

タップダンスが話題のミュージカルですが 音楽もとてもよくて 宝塚のショーとかで馴染みのある曲もいくつかありました。「TOP HAT」の歌だったのだと初めて知りました。



ストーリーは友人の英国人プロデューサー・ホレス(七海ひろき)の招きでロンドンの舞台に立つことになったブロードウェイの人気ミュージカル・スター・ジェリー(朝夏まなと)が滞在先のホテルで出逢ったモデル・デイル(実咲凜音)に一目惚れ。猛烈にアタックするうちデイルの方も彼のことを好きになるのですが 彼女がジェリーのことを親友マッジ(純矢ちとせ)の夫と勘違いしてしまい あてつけに自分のパトロンであるデザイナー(愛月ひかる)と結婚したことから すごくややこしい話になるのです。


親友マッジの夫というのが ジェリーの友人のプロデューサー・ホレスで デイルがジェリーのことをホレスと勘違いしていることで みんなの話がまったくかみ合わず、おかしくておかしくて。


とにかく主な登場人物全員が変な人たちなんです。


七海さん演じるプロデューサーのホレスは仕事はできるみたいなのに すごく小心者でいつも精神安定剤を飲んでるような役で おまけにホレスの付き人のベイツ(寿つかさ)は大真面目に客席を爆笑させていました。


デイルのパトロンのデザイナー役の愛月さんも かなり変な男の役を怪演。新境地開拓ですね。


夫を尻に敷いている ホレスの妻役、純矢ちとせさんもすごい迫力で。


ジェリーとデイルも結構変なのですが 他の人たちに比べるとまだ普通に思えてくるくらい。


どの人も今回の役は当たり役と言われること間違いなしでしょう。


e0129862_1739116.jpg


ジェリー役の朝夏まなとさんと デイル役の実咲凜音さんです。
なかなかいい感じ。


この公演から宙組のトップに就任された朝夏まなとさん は身長が172センチで舞台映えするし お芝居もダンスも歌も水準以上で安心して見ていられます。

明るく爽やかな人柄も魅力ですね。
こういうバランスがとれたトップさんて意外と少ないので できるだけ長くトップを務めてほしいものです。


相手役の実咲凜音さんも実力派なので 6月5日から始まる宝塚大劇場でのお披露目公演「王家に捧ぐ歌」もとっても楽しみです。


でもカイちゃん(七海ひろきさん)が~。

e0129862_17515349.jpg


宙組の癒し系アイドル七海ひろきさんです。
今回ジェリーの友人のプロデューサー役で朝夏さんとイキもピッタリでとても好演していたから 宙組の2番手になって欲しかったのですが この公演が終わったら星組に組替えです。

替わりに星組から真風涼帆さんが来られて宙組の2番手になるみたいです。(みたいではなく決定でしょう)


カイちゃんって特に何がうまいってわけではないけど 173センチの長身、小顔、甘いマスクで 性格もかわいくてとっても愛されキャラなんです。
トップになれずに辞めるのはもったいないわ~。

まだチャンスはあると思うので星組でブレイクして欲しいです。
頑張れ、カイちゃん!


                 
                                           by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-03-29 16:29 | タカラヅカ | Comments(8)

花組公演「カリスタの海に抱かれて」「タカラヅカファンタジア」観てきました

初日翌日の宝塚花組公演を観劇しました。
お芝居もショーも花マルで~す!

e0129862_21522196.jpg


正直 お芝居もショーも「すごい秀作」とか「ぜひぜひオススメ」とか そこまでハイレベルとは思っていないんですけど(すみません) とにかく両方とも理屈抜きで楽しめたんです。
それって重要なことだと思います。


まずお芝居の「カリスタの海に抱かれて」はストーリーがわかりやすいし スターさんたちが魅力的だし それに今回舞台美術がすごくいいんです。


フランス革命の時代の地中海で最も美しいとされるカリスタ島(架空の島)が舞台なんですけど この島の総督府のサロンというのがヴェルサイユ宮殿を模して作ったというゴージャスなサロンで 盆が回ると裏庭になるのですがこの場面の白いバルコニーがすごく素敵で!


おまけに島民たちのアジトになっている建物の外観が絵本に出てくるようなかわいい家なんです!


森の木立の色彩の美しさといい レフコスの浜の空に描かれた雲の絵といい本当に素晴らしい!

長年宝塚を観ていますが背景に描かれた雲の絵に感動したのなんて初めてです。


それに浜辺の空の色が変化した時の照明の美しさときたら!
思い出すだけでドキドキします~053.gif


e0129862_22202334.jpg


ショーの「宝塚幻想曲~タカラヅカファンタジア」は和太鼓の音と三味線の音にしびれました~053.gif

こう書くと日本物のショーみたいですが このショーは8月の台湾公演で新たな演出を加えて「ベルサイユのばら~フェルゼン編」と共に上演されるので和テイストの洋物ショーになっているのです。


プロローグと中詰めで和太鼓の演奏が効果的に使われ フィナーレの三味線ロックによる「さくらさくら」の群舞はすごく斬新。

和太鼓と三味線にしびれるなんて やっぱり私も日本人だな~。

華やかで明るくて楽しくて 花組バラエティーショーって感じです。

このショーだったら台湾公演も大成功間違いなしですね。


トップの明日海りおさんは普段はホワンとした感じの人なのに 舞台に立つとスターオーラ全開でキラッキラッしてますね。
そのギャップがたまりません。


この公演からトップ娘役に就任した花乃まりあさんは綾瀬はるかさんに似たアイドル系の容姿に加え お芝居もしっかりしているのでこれからが楽しみです。


2番手の芹香斗亜さん。3年前星組にいた時は星組期待の若手程度のポジションだったのにもう2番手だなんてすごいです。(@@)
でもなんでもそつなくこなせるみたいで結構安心して観ていられました。

ショーのバスケの場面がすごく面白かったです。


95期の柚香光(れい)さん、もう3番手なの!?
この人ってマネキンみたいなクールな顔立ちですごく目立つんですよね。
すごいオーラがあって好きとか嫌いとか関係なく気になって目がいってしまいます。

私の95期のイチオシは雪組の月城かなとさんですが 柚香さんも楽しみだなぁ。


そうそう、専科の美穂圭子さん の素晴らしい歌声がお芝居とショー両方のレベルをグンと引き上げていました。


とっても満足した公演だったので 4月にもう1回観ることにしました。
2回目もまたレポしますね。お楽しみに~。


                        
                                          by 西ノ森


                                         
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-03-18 22:50 | タカラヅカ | Comments(6)

宝塚星組公演「黒豹の如く」「Dear DIAMOND!!」観てきました

星組トップコンビ柚希礼音さんと夢咲ねねさんのサヨナラ公演「黒豹の如く」「Dear DIAMOND!!」を観てきました。
お芝居はちょっと・・・・・でしたがショーは最高に楽しかったです!

e0129862_21353283.jpg


お芝居の「黒豹の如く」ですが 宝塚の演出家の大御所・柴田侑宏大先生の10年ぶりの書き下ろしとかで とっても楽しみにしていたんですけど なんかストーリーがよくわからなくて・・・・・。

6年間もゴールデンコンビを組んで大人気を博し、宝塚の100周年を盛り上げていた ちえねねのサヨナラ公演なのにちょっと残念な感じです。もっと集大成にふさわしいお芝居が観たかった。

上のチラシの写真では柚希さんワイルドな感じだけど全然違ってたし、ねねちゃんこんな金髪じゃないし。
このチラシは何のイメージ写真!? 

チラシの左側に書かれている
「生まれ変わっても、きっと君を見つけ出す」って言葉も ストーリーと合っていないような。

e0129862_21441389.jpg


実際の2人の役はこんな感じなんです。

物語は第一次世界大戦後のスペインが舞台で 柚希さんは「黒豹」と呼ばれた硬派の海軍大佐アントニオ役。
ねねちゃんはその昔の恋人カテリーナ役で 家のためにお金持ちの侯爵と結婚するのですが今は未亡人となっていて、その2人がパーティで再会するところから物語が始まります。


普通だったらカテリーナはそんな事情で別れた昔の恋人に合わせる顔がないと思うのだけど なんてことなくなつかしいわ~みたいな感じで再会するんですよ。


おまけにアントニオは自分と別れて嫁いでいくカテリーナを駅のホームの陰から見送っていたという・・・・・そんな健気な男が黒豹って・・・・・。


衣装もセットもあんまりお金かかってなさそうだし 笑える場面も泣ける場面もなく 幕が降りた後 一緒に観劇した友達とお互い
「なんか・・・・・絶句!」。


こんなんだったら「めぐり会いはふたたび Part 3」の方がよかったね~って。

柚希さんとねねちゃんのラブラブな場面は多かったから それだけが救いでした。


e0129862_2249238.jpg


お芝居とは打って変わってショーの「Dear DIAMOND!! ―101カラットの永遠の輝き―」はもうどの場面もキラキラしていて すごく素敵でした!

プロローグでのリベルタンゴもすごくカッコよかったです!

藤井大介さん、宙組の凰稀かなめさんのサヨナラ公演に引き続きまたもや サヨナラ公演のショーの演出を担当。藤井さんのショーはいつもプロローグからカッコよくて主題歌も覚えやすくて大好きです。


私40年宝塚のファンをやってますが 大階段を駆け上がった人初めて見ました。
それもすごいスピードで。柚希さんの運動神経すごい!



そして大劇場公演で2階席に登場したトップさんも初めて見ました。
柚希さん、サービス精神旺盛で尊敬します。

おみこしで担がれる場面も楽しかったわ。


フィナーレのデュエットダンスはシンプルな黒燕尾とシンプルな白のドレスで 夢のように優雅で本当に素敵でした。リフトがすごい~。
もうこの二人のデュエットダンスが見られなくなるなんてすごく残念です。


私たちの席は1階9列目の1番・2番で一番端っこだったのですが この席ってすぐ横が花道で舞台からスターさんたちがはけて行く時に至近距離で見られるラッキーな席なのです。


柚希さんも何回か至近距離で見られてめちゃくちゃ興奮しました~053.gif


一緒に観劇した友達は柚希さんファンで 「今晩夢に出てきそう~」と言って喜んでましたが なぜかその夜見た夢には安倍首相が出てきたそうです。まあ 現実はそんなもんよ。(笑)


             
                                        by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-02-21 23:38 | タカラヅカ | Comments(6)

宝塚「ルパン三世」2回目観劇&1995年の宝塚

1月17日に宝塚雪組公演「ルパン三世」「ファンシー・ガイ!」2回目の観劇をしてきました。

e0129862_14303935.jpg


この2人の表情楽しそうですよね~。

最初に観た時は「これ最後どうなるの?」って思いながらの観劇でしたが 今回はストーリーはもうわかってるので全体を見渡しながら観ていました。

まずこの写真の咲妃みゆちゃん演じるマリー・アントワネットのドレス。
これって多分このドレスをイメージして作られたのではないかと。

e0129862_1444589.jpg


それとお芝居の最初にマリー・アントワネットやルイ16世たち200年前の主要メンバーがせり上がって登場する時のアントワネットのドレスはこれに似てます。(まだ画像がなくて残念です)

e0129862_14473687.jpg


上の写真は2つとも2013年の「マリー・アントワネット物語展」で撮ったものです。
これから観られる方はちょっとチェックしてみてくださいね。


ドタバタコメディだけど貴族の衣装のセンスもいいし ベルサイユ宮殿の広間だとかパリの街角の背景とか舞台美術も「ベルサイユのばら」よりも洗練されていて 今後「ベルサイユのばら」を再演する時はこんな感じでやってほしいと思いました。


ああ、それなのにショーの方が・・・。

プロローグの衣装の黄色と紫の組み合わせっていうのがどうも好きになれません。
(実際 評判よくないです)
主題歌ももひとつだし。前半眠くなるし。(^^;


e0129862_15285281.jpg




このフィナーレのデュエットダンスの衣装も 衣装そのものはきれいなんですけど なんだか重そうで。


華奢な早霧さんがこの衣装をきたみゆちゃんをリフトしているのが観ていて気の毒になるんです。
もう少し生地が薄くて軽い感じの衣装にしてあげてって思うのは私だけ?











ところで昨日1月17日は20年前の1995年に阪神・淡路大震災が起こった日です。

あの時宝塚は花組のトップスターだった安寿ミラさんのサヨナラ公演「哀しみのコルドバ」「メガ・ビジョン」を上演していました。

私は1月7日に1回目を観劇して28日にもう1回友達と観劇することになっていたのですが 宝塚市も被害が大きく宝塚大劇場は地震の衝撃でスプリンクラーが作動して客席が水浸しでしばらく公演は中止ということでした。


でもそれくらいだったら すぐに公演が再開されて28日には観劇できるだろうと甘く考えていたんですけど
想像以上に劇場は損壊していたみたいで 結局サヨナラ公演は中止、その次の天海祐希さん主演の月組公演も宝塚では公演されず 東京のみで公演、3月31日にようやく星組の麻路さきさんのトップお披露目公演「国境のない地図」で大劇場が再開されたのです。
(多分これだってかなり頑張って工事されたのだと思います)


その当時のことを花組のトップスターだった安寿ミラさんが スポニチのインタビューに答えた記事がありますのでそちらをぜひご覧ください。(昨日みつけました)

こちらから →  


e0129862_16263018.jpg


これは昨日宝塚で買った井上正三さんという方が描かれた「宝塚・花のみち」の絵はがきです。
(実物はもう少し色が柔らかいです)

ヨーロッパの街角みたいにきれいでしょう?

震災前はこの花の道に沿って昔ながらのお土産物屋さんが軒を連ねていたのですが 地震でみんな倒壊してしまって再開発でこんなにきれいになったのです。

街がきれいになったのは素敵なことだけど そのことを忘れてはいけないなと改めて思った1日でした。


                             
                                    by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-01-18 16:54 | タカラヅカ | Comments(2)

宝塚雪組公演「ルパン三世」「ファンシー・ガイ!」を観てきました

今年のお正月は本当に寒かったですね。
東大阪にある我が家でも元旦の夕方には雪がうっすら積もっていました。

寒いのが苦手な私は1日・2日は家でおとなしくしていましたが 3日は今年101周年を迎えた宝塚の雪組公演を観にいってきました。

e0129862_1554453.jpg


お芝居の「ルパン三世」は現代のヴェルサイユ宮殿で「マリー・アントワネットの首飾り」の展覧会が開かれているところにルパンたち一行が首飾りを盗みに入り、ふとしたことで革命前の1785年にタイムトリップしてしまいます。


ドタバタコメディだけど マリー・アントワネットや輪っかのドレスを着た貴婦人たちが出てくるので衣装がゴージャスだし 内容も明るく楽しく観終わった後に幸せな気分になるのでお正月公演にぴったり。

まだ始まったばかりだけど コメディって回を重ねるごとに 面白くなるので次回の観劇が楽しみです。


ルパンも銭形警部も不二子も五ェ門も次元も漫画のイメージを損なうことなく雰囲気出ていたと思います。
この公演で雪組のトップになった早霧せいなさんは こういう軽いタッチのお芝居がうまいですね。


花組から組替でやってきた望海風斗さんは怪しげな錬金術師カリオストロの役ですが 歌もうまくとても存在感がありました。

私の期待の若手・月城かなとさんはあのロザリーの姉・性悪女のジャンヌの愛人役なのですが 予想以上に出番が多くて嬉しかったです。月城さんは新人公演でカリオストロを演じるので楽しみです。(観にはいけませんが きっとこの役似合うと思います)


e0129862_1628528.jpg


ショーの「ファンシー・ガイ」はプロローグがあまり私の好みではなくてちょっと心配でしたが 後半のウィーン・オペラ座でトップコンビの早霧せいなさんと 咲妃みゆちゃんがデュエットダンスを踊るあたりからよくなってきました。

その後望海風斗さんが次から次へと美声を披露してくれ とっても堪能しました。
「愛の賛歌」もよかったわ。

月城さんはショーの最初の方でエルビス・プレスリーに扮して出てくる場面があるのですが やっぱりスター性があるなと思いました。

e0129862_20482589.jpg

月城かなとさんで~す。


今回のショーは早霧さんとみゆちゃんのトップお披露目、望海さんの雪組お披露目、夢乃聖夏さんの退団お餞別、若手の売り出しと盛りだくさんで トップコンビの印象が薄くなったような気がします。
次回観た時はまた感想が変わるかもしれませんが。


ところで・・・・・

e0129862_16474887.jpg


大劇場の玄関はまだ雪が残っていました。

e0129862_16484225.jpg


101周年~♪

e0129862_16492323.jpg


お正月の3日間はロビーで演奏があるのです。でも開場した後10分くらいで終わってしまいました。
今年はみなさんルパン三世の衣装を着ておられました。びっくり。(@@)

e0129862_16511680.jpg


e0129862_16513738.jpg


e0129862_1658825.jpg


お正月3が日に観劇した人にもらえるポストカードです。


昨年に引き続き今年も宝塚観劇から新年のブログがスタートしてしまいました。
でもお正月に宝塚観劇するのが楽しみなのです。

こんな私ですが 今年もよろしくお願いします。


                                        by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2015-01-04 20:52 | タカラヅカ | Comments(7)


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧