<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中原淳一展に行ってきました~♪

先週のドールハウスフェアに引き続き 今週は阪急うめだギャラリーで「中原淳一展」を見ました。
ありがたいことに私が中原淳一さんの絵を好きなことをご存知な方から招待券をいただきました。(^^)v
今年は中原淳一さんの生誕100周年にあたるのですね。

e0129862_16585030.jpg


e0129862_1705891.jpg


画家としてだけでなくファッションデザイナーや人形作家としても活躍されていた中原さん。
展示内容がバラエティに富んでいてとっても楽しめました。
つきあってくれた友達も見ごたえあったと言ってくれてよかったです。

e0129862_1733152.jpg


中原さんのデザイン画を再現した洋服も展示されていました。
今見ても現代的でおしゃれな感じですよね~。
(ところどころ写真撮影OKなのです)


e0129862_176566.jpg


e0129862_177241.jpg


上のドレスはこちらの絵を参考にファッションデザイナーの丸山敬太さんが再現されたものです。


こんなのもありました。

e0129862_1795588.jpg


e0129862_17101778.jpg


終戦直後の住宅事情の悪い時に「もしあなたに三畳の部屋が与えられたと仮定して、どんな風にこの部屋を使ったらいいか考えてみましょう」ということでイラストに描かれた部屋が再現されています。
小さな空間でも、物のない時代でもいろいろ工夫して居心地のいい部屋を作ろうと提案されているのが素敵ですね。


とにかくこの展覧会を見ていて驚いたのは 中原淳一さんが第二次世界大戦が終わった翌年に出版社を立ち上げて婦人向けの雑誌「それいゆ」や少女向けの雑誌「ひまわり」を発行して女の人たちがおしゃれしたり美しく生きるためにいろんなアドバイスをされていたことです。


物資の乏しかった時代におしゃれな洋服を着た少女の絵がたくさん載っている雑誌を見たら 早くこんな服が着られるようになりたい~って励みになりますよね。


私のお気に入りは中原さんが1951年から1952年にかけてパリに滞在されていた時に描かれた絵です。

e0129862_17455742.jpg


e0129862_17462153.jpg


私、今この絵を見ても素敵~053.gifって思うのですが 昭和20年代にこんな絵を見た女子たちはどれほど衝撃を受けたのでしょうか!? 現実との落差が大きすぎる~!!


そうそう、宝塚歌劇の絵のコーナーもありました。
「宝塚をとめ」(昔だから古い字です)の表紙なども描かれていて それをきっかけに宝塚のトップスターだった葦原邦子さんと結婚されたとか。
美しいものを追求していた中原さんが宝塚の人と結婚されたのは宝塚ファンにとっては嬉しいことです。


会場の出口近くには中原さんから多大な影響を受けられた各界の著名人たちのメッセージが色紙に書かれていました。
三輪明宏さん、浅丘ルリ子さん、コシノヒロコさん、萩尾望都さん、高橋真琴さん、などなど。

e0129862_20375881.jpg


なんか私も影響を受けそうです。
これから自分の生活に中原淳一エッセンスを取り入れられるでしょうか? 
う~ん。。。。。がんばろう。(自信ないけど)


                                           by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2013-07-28 17:31 | アート&カルチャー | Comments(1)

宙組全国ツアー「うたかたの恋」「Amour de 99!!」観劇♪

ちょっとブログUPが遅くなりましたが 宙組全国ツアー公演「うたかたの恋」「Amour de 99!!」を梅田芸術劇場で観てきました。お芝居もショーもとってもよかったです!

e0129862_2124583.jpg


「うたかたの恋」は1983年初演の雪組公演、1993年再演の星組公演を観ていますが ストーリーもいいけど主題歌がとても素敵で 主題歌を聞いただけでうるっときてしまうほどです。


幕が開いたらルドルフとマリーが大階段に立っていて二人でこの素敵な主題歌をデュエットするところから始まります。

いよいよ幕が開いて期待に胸をふくらませていたら・・・・・

階段が低いっ!

そうでした。大劇場公演じゃなくて全国ツアーでした。(^^;
それにしても5段しかないなんてしょぼいっ!とガクツとなったものの気を取り直して観ました。


凰稀かなめさんって・・・・・前にも書いたけどなんて軍服が似合うんでしょう053.gif

美形・顔が小さい・背が高い・足が長い。
横から見ていると軍服を着ている体のラインがパーフェクトなのです。
背が高いからマントの丈も長くて。なんかもう劇画を見ているようでした。


演技面でも苦悩する皇太子の役をうまく演じていたし 相手役の実咲凜音ちゃんもマリーを初々しく演じていてよかったです。凜音ちゃんは大人っぽい声もかわいい声も自在に使いわけられてうまいですね。


ルドルフの従兄弟ジャン・サルバドル役を演じた朝夏まなとさんもはまり役でした。
最後このジャンのセリフでど~っと泣けるんです。マリーがかわいそうで。(;;)


e0129862_215604.jpg


ショーの「Amour de 99!!」は亡くなられた演出家の先生方のオマージュの場面での映像がなくなってすっきりしてよかったです。
大劇場で観た時は映像に気を取られて舞台に集中できなかったので私はこちらの方が好きです。


このショーでの「シャンゴ」の場面で宙組は団体賞をいただいたそうですが 私は個人的には「ザ・ストーム」の祈りのダンスが好きです。
でも賞をもらったからか「シャンゴ」の場面はみんな気合入っていて大劇場で観た時より迫力あるように思いました。(笑)



ところで来年宙組は「ベルサイユのばら・オスカル編」をやることになりましたね。
もう本当に嬉しいです。4月に柚希さん、凰稀さん特出の雪組の「ベルサイユのばら」を観て以来 絶対にやるべきだ~と思っていたので。


柚希さんがアンドレで特出ありますよね? 今からすごく楽しみです。
がんばってチケット取らなくちゃ。


e0129862_2212967.jpg


凰稀オスカル もうすごいことになりますよ~。(笑)


                                        by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2013-07-24 21:46 | タカラヅカ | Comments(0)

ドールハウスフェアに行ってきました~♪

阪急うめだ本店9階のギャラリーで開かれている「ドールハウスフェア 2013」を見てきました。

e0129862_1550499.jpg


ギャラリーの目立つところに「パリの街角」という展示があって 2階建のおしゃれなお店が10軒並んでいます。カフェ、お花屋さん、観葉植物のお店、子供服のお店、アンティークショップ、ケーキ屋さん、インテリアショップ・・・・・などドールハウスとは思えないくらい精巧で 小人になってこの中に入りたい!と思ったほどです。(借り暮らしのアリエッティを思い出しました)

e0129862_15504892.jpg


ちょっとちらしの写真を大きくして見ると

e0129862_16524100.jpg
e0129862_1654644.jpg
e0129862_1664888.jpg


どうですか~? 本物みたいに見えませんか~?
レイアウトもばっちりで細部に至るまでこだわりがあって見ていてわくわくします。


会場内には作家さんたちのブースがあってそこでいろいろ質問したりもできます。


基本的に写真撮影は禁止なのですが作家さんの了解を得て撮影することもできます。
ブログを通じてお知り合いになった高橋弘美さんが出展されていたので お願いして特別に撮影させていただきました。


e0129862_16201782.jpg


これが高橋さんのコーナーです。観葉植物や多肉植物をメインに作っておられます。

e0129862_16214780.jpg


ナチュラルなインテリアにグリーンが映えて素敵でしょう?
(ガラス越しに撮ったので画像がよくなくてすみません)
こういう部屋にあこがれます。


e0129862_17184447.jpg




「パリの街角」というドールハウス教本が売られていたので1冊購入して高橋さんにサインをいただきました。

こんな細かいもの私にはとても作れそうにないですが ドールハウスの内部がきれいに撮影されていてとっても夢があるので買ってしまいました。









舞台美術のお仕事をされていた方が作られたカフェや楽器店のドールハウスもとても見ごたえあったし 和風のドールハウスを専門に作られている方の「おくどさん」にも魅せられました。

あまりにもよくできているのでどこかモデルになった旧家があるのですか?と尋ねてみたら 子供向けの図鑑に載ってる「昔の台所」という絵を参考に作られたとか。
製作に3ヶ月かかったそうです。


展示会の日数が短くて残念ですが どこかでドールハウスの展示会があったらぜひ覗いてみてください。
何か気分がわくわくしますよ~。


072.gif 高橋弘美さんのブログは こちら から


                                          by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2013-07-21 16:10 | アート&カルチャー | Comments(0)

プリザーブドフラワー~ケーキアレンジ~♪

久しぶりにTearoom*花さんのお花のレッスンに行ってきました。
夏は生花だとすぐに枯れてしまうので7月のレッスンはプリザーブドフラワーです。

e0129862_2194224.jpg


とってもラブリーでしょう~!?
上に乗っかってるのはマカロン型の石鹸です。甘くていい香りがします。
マカロン大好き ピンクが大好きな私にはたまりませ~ん♪
ホームパーティの食卓に置いたら盛り上がりそうなアレンジですね。

e0129862_21175416.jpg


正面から見たらこんな感じです。
ケーキ風のアレンジということでしたが 私にはかき氷に見えます。
かき氷にいちごミルクをかけてマカロンを乗っけたみたい。
ああ、かき氷が食べたくなってきた。。。。。
(お腹が冷えるからめったに食べないんですけど)


e0129862_21275382.jpg


レッスンの後はいつもTearoom*花さんの手作りのお菓子と紅茶が出ます。
紅茶はルピシアの「セ・パフェ」 ハイビスカスとかローズヒップとかいろいろ入っていて色がきれいでリゾートな気分でおいしくいただきました。


そして花さん手作りのスコーンはお店が開けるよっ!というくらいおいしいのです!
普通のスコーンってちょっと生地が硬くてパサッとしていますが 花さんのは全粒粉を使っているから生地がしっとりしてやわらかくて温めて食べると口の中でふわ~っと溶けるような感じです。
クロテッドクリームと花さん手作りのキウィジャムとイチゴジャムを添えて食べました。
クリームもジャムもおいしかったです。


7月に入ってからもう既に猛暑が続いていますが これからが夏本番なのでみなさんおいしいものを食べて乗り切ってくださいね。


Tearoom*花さんのブログはこちらから → 


                                         by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2013-07-14 21:29 | アート&カルチャー | Comments(4)

「マリー・アントワネット物語展」に行ってきました♪

7月6日から「マリー・アントワネット物語展」が兵庫県立美術館で始まりました。
早く見たくて早速初日に行ってきました。

e0129862_16594657.jpg


今回の展覧会の目玉はなんといってもこれでしょう。
e0129862_1792448.jpg


マリー・アントワネットが当時着ていたドレスを資料に基づいて復元したものが5点展示されています。
このコーナーだけは写真撮影OKなんです。

e0129862_17114777.jpg


これは「フランス風」といわれる宮廷ドレスだそうです。
スカートの膨らみ具合といい、リボンやレースやタッセルのあしらい方といい、女子のあこがれのドレスそのもの! 後ろから見てもすごくゴージャス。
この展覧会のチラシで使われている肖像画の中で着ている衣装を復元したものですね。

e0129862_17331751.jpg



宝塚雪組公演「ベルサイユのばら」のプロローグで愛加あゆちゃんが着ていた白のドレスがこれとデザイン的には似ているのだけど 本物のアントワネットのドレスの方が生地がしゃきっとしてボリュームありますね。













e0129862_20382982.jpg


こちらは「フランス風」舞踏会ドレス。
でもこのドレスも生地が硬くて重そうで踊りにくそうなんですけど。(^^;
バラの刺繍が凝ってます。


e0129862_20462681.jpg


これはシュミーズドレスといわれるものだそうです。
気楽な私生活の中でのみ着用していたとか。
前も後ろもデザインがかわいい~♪ 素材も柔らかくて着心地よさそうでした。
アイドル時代の松田聖子さんを思い出しました。こういうワンピース似合いましたよね~。


e0129862_2124577.jpg


これは羊飼いのドレスなんですって。上着とスカート、前掛けが組み合わされるのを「ポーランド風」というそうです。くつろぎ着らしいですが 前から見たらカジュアルだけど後ろから見たら腰にボリュームがあってあんまりくつろがない感じなのですが。。。。。座りにくそうだし。


e0129862_2110425.jpg


これはこの本の表紙で使われた肖像画で着ているドレスを復元したもので「イギリス風」ドレスだそうです。
これを着ると威厳のある王妃に見えますね。いつもこんなドレスを着ていたらもっと国民から尊敬されたでしょうに。


e0129862_21192855.jpg


この展覧会のために池田理代子さんが特別に描き下ろされたマリー・アントワネットの絵です。
もし池田理代子さんが「ベルサイユのばら」という作品を生み出さなければマリー・アントワネットは日本でここまで注目されたでしょうか? 

宝塚歌劇団での舞台化といい、アニメーション化といい、「ベルサイユのばら」の経済効果ってすごいな~と改めて思いました。


いつも展覧会とかに行っても目録なんてめったに買わないんですけど(高いし、重いし) 今回はこの展覧会でしか見ることがなさそうな貴重な絵や資料がたくさん展示されてたので買ってしまいました。

e0129862_21294859.jpg


装丁もきれいだし 池田理代子さんが描き下ろされたマリー・アントワネットの絵も綴じ込みでついています。


e0129862_21372414.jpg


とろこでチラシにも使われているマリー・アントワネットの肖像画を描かれたヴィジェ・ルブランさんに関する本が出ています。

以前のブログで紹介していますので興味のある方はご覧ください。

こちらから →  

マリー・アントワネットの肖像画を数多く手がけたヴィジェ・ルブランを紹介するコーナーも設けてほしかったです。



今回の展覧会では衣装の展示も堪能しましたが 処刑台に向かうマリー・アントワネットの絵が印象的でした。
手を後ろでくくられながらも 胸を張って女王としての尊厳に満ちた横顔に感銘を受けました。
これから見られる方はぜひしっかり見てくださいね。


それにしても1770年にアントワネットがフランスに嫁いできた時には国民から熱狂的な支持を得たのに その15年後の1785年に起こった首飾り事件をきっかけに国民の憎悪の対象になり やがては処刑されるという~人の一生ってどこでどうなるのかわからないものだと深く考えさせらる展覧会でした。 
 

                                            by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2013-07-07 17:19 | アート&カルチャー | Comments(1)


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧