<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「花子とアン」にハマってます

翻訳家の村岡花子さんの生涯がNHKの朝ドラでドラマ化されると聞いて以来ず~っと放送を楽しみにしていた「花子とアン」
期待以上に素敵なドラマで録画も含め毎日2回は観るくらいハマってます!

e0129862_14395386.jpg


家族愛とか友情とか向学心とか 今後は夫婦愛とかも描かれるのでしょうが 人生で大切なものが詰まっている宝箱のようなドラマで毎回感動しています。


早々とテレビガイドも購入しました。
もう第11週までストーリーが紹介されているのですが ストーリーがわかっていても次の日が楽しみです。


貧しい農家に生まれたはなが 修和女学校のようなお嬢様学校で学べること自体 シンデレラ物語みたいで夢がありますよね。


でもはなの実家の甲府の家も貧しいけれど暖かい家庭で何かほっとします。


e0129862_1551322.jpg


「アンのゆりかご~村岡花子の生涯」という本も買って夢中で読みました。


「赤毛のアン」「足ながおじさん」「秘密の花園」など少女小説が大好きだった私の本棚には「村岡花子訳」と書かれた本がたくさん並んでいたのですが 私はこれまで村岡花子さんがどんな人だったかほとんど知らなかったのです。


この本を読んですごい人だったことがよくわかりました。


翻訳の仕事以外にも 昭和7年から16年までNHKのラジオ番組の「子供の新聞」で子供ニュースを担当されていて 当時とても有名人だったそうなのです。


昭和14年に宇野千代さんが北原武夫さんと結婚された時は披露宴の司会も務めておられます。


そして昭和30年にヘレン・ケラーが3度目の来日をした時には講演会の通訳も務めておられるのです!


朝ドラで取り上げられなかったら村岡花子さんがこんなに多方面で活躍されていたことを知らずにいたことでしょう。


それにこの本は村岡花子さんの生涯について書かれているだけでなく 彼女を含め明治から昭和にかけて 女性の社会的地位を上げるために尽力した当時の才気あふれる女性たちのことも書かれていて とても興味深かったです。


それにしても「赤毛のアン」が第2次世界大戦中に命がけで翻訳されていたなんて驚きです!(@@)
それを知ったうえでもう一度読み返したらまた違った感動があるかもしれませんね。


このドラマが終わるまでにいろいろ村岡花子さん関連の本を読むのが楽しみです。


                                      by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2014-04-29 15:06 | | Comments(8)

児童書専門店「ひつじ書房」に行ってきました

この前の土曜日、神戸市東灘区岡本にある児童書専門店「ひつじ書房」に行ってきました。

e0129862_17522131.jpg



ここはJRの摂津元山駅から徒歩2分、阪急神戸線の岡本駅からも徒歩5分くらいで とっても交通の便のいいところにあります。


子供の本好きの私は 「ひつじ書房」というお店があるというのを聞いたことはあったのですがなかなか行く機会がありませんでした。


でも今年の2月下旬に発売された「SAVVY」の4月号「関西の本屋&ブックカフェ75」で 「ひつじ書房」が紹介されていてすごく行きたくなったのです。


e0129862_214425.jpg


なんだか昔なつかしい本屋さんみたいでいい感じ。暖かくなったらぜひ行ってみたい・・・・・と思っていたら 三月下旬に発売されたこの本でも紹介されていました。

e0129862_1875125.jpg


東京・鎌倉・関西の子供の本の専門店や図書館・絵本カフェなどか紹介されている素敵な本です。


知る人ぞ知る有名な本屋さんみたいで とっても行くのが楽しみになりました。


で、行ってきました。
阪急電車ファンの私は阪急岡本駅から歩いたのですが 岡本は石畳のこじんまりしたかわいい街で わくわくしながら歩いているうちにお店に着きました。


小さなお店なのですが、店主の平松さんという方が元図書館の司書でお店を始めてもうすぐ40年ということで すごく厳選されたいい本が所狭しと並んでいます。


特に売れ筋の本じゃないから 普通の本屋さんだったら1冊しか置いていないような本でも 平松さんオススメの本は複数冊置かれています。


「SAVVYで見てここに来たくなったんです」~とおしゃべりし始めたら 結構いろんなところから取材に来られるらしく その日はなんとNHKの「ぐるっと関西お昼まえ」の取材でもうすぐ原田伸郎さんが来られるとおっしゃるではありませんか!


「伸郎のあいにいきます」というコーナーで、毎週水曜日に60代になった原田伸郎さんが関西で暮す同世代や先輩世代のがんばっている人に会い、これからの人生のヒントをもらおうというシリーズのようです。


テレビに映ったら嫌なのでそれまでにおいとましたのですが 次回はゆっくりお邪魔しようと思っています。


平松さんはもう80歳を過ぎておられるようなのですが 一人でお店を切り盛りされているとてもしゃきっとした方で 私はおしゃべりしていて元気をもらえました。


伸郎さんとどんなおしゃべりをされたのかな~?


平松さんが出演される「ぐるっと関西お昼まえ」の放送は多分5月7日(水)だと思うので 興味ある方はご覧になってくださいね。
私も録画しておきます。
                                                         
072.gifすみません。放送は前編が5月14日(水)、後編が5月21日(水)でした。


                                by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2014-04-20 17:48 | | Comments(6)

宝塚歌劇トレイン

昨日神戸方面に用事があって久しぶりに阪急神戸線に乗りました。
電車が動き出した後しばらしくて窓の外に目をやるとなにやら派手な電車が向こう側を走っているではないですか。

もしかして・・・・・もしかして・・・・・あれは・・・・・


e0129862_15583799.jpg


やっぱり宝塚歌劇トレインだ~!



宝塚歌劇トレインは宝塚歌劇100周年を記念して3月21日から12月24日まで阪急宝塚線と今津線にお目見えすることになったのですが 各1日1編成不定期で運行しているので よほど運がよくないとこの電車には遭遇できないんですよ~。


運行し始めてから初めて阪急電車に乗ったのに いきなり遭遇できてなんてラッキー!
きっと宝塚を愛する気持ちが引き寄せたのね。


もっといい写真を撮りたかったけど 手に持っていたスマホを急いでカメラに切り替えて撮ったらどこかの駅にさしかかっていて。。。。。(^^;


先頭車両と最終車両のみレビューの絵が描かれているようですが この大階段で踊っている男役たちの右側には デュエットダンスを踊っている男役と娘役の絵が描かれています。

そちらも撮りたかったんですけど残念です。


それにしても躍動感あふれるカッコイイ絵ですよね。


車内には、大正3年の第1回公演「ドンブラコ」や平成25年の「ロミオとジュリエット」など24の代表作を紹介するポスターが掲示され、扉の上のモニターでは、トップスターの舞台映像が流れるそうです。


なんかワクワクしますね。
次はぜひこの歌劇トレインに乗って宝塚に行きたいものです。


072.gif「宝塚歌劇トレイン」詳しくはこちら → 

                                      by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2014-04-13 15:56 | タカラヅカ | Comments(2)

雪組公演「心中・恋の大和路」観劇

ちょっとレポが遅くなりましたが先月梅田のシアタードラマシティで雪組公演「心中・恋の大和路」を観てきました。もうめちゃくちゃよかったです! 
「ちゃんとしたお芝居を観た~!」っていう気になりました。

e0129862_1524466.jpg


近松門左衛門の「冥途の飛脚」を宝塚向けにミュージカル化した「心中・恋の大和路」が初めて上演されたのは1979年。その後何度か再演されて今回はOG公演も含め7回目の再演だとか。


もう脚本・演出が素晴らしくて第一幕の終わりと第二幕の終わりは涙涙です。


第一幕の終わりは 主人公の忠兵衛が恋仲である遊女の梅川を身請けするためにお客から預かった300両という金子(きんす)の封を切ろうとする有名な「封印切り」の場面です。


封を切ったら死罪になるので親友の八右衛門も遊女の梅川も忠兵衛の使用人の与平も必死になって思いとどめようとするのですが 忠兵衛はとうとう封を切ってしまうのです。


この場面の忠兵衛・壮一帆さん、八右衛門・未涼亜希さん、梅川・愛加あゆちゃん、与平・月城かなとさんの白熱の演技が素晴らしくて涙ぼろぼろでした。
ナマの舞台でしか味わえない緊迫感。


第二幕の最後は忠兵衛の実家のある大和の新口村(にのくちむら)まで逃げたものの追い詰められた忠兵衛と梅川が雪山に向かう場面です。


この場面の八右衛門のセリフと熱唱で号泣。未涼亜希さん、すごくいい仕事されてます。


もちろん主役の壮さんとあゆちゃんも素晴らしかったですよ。
壮さんは武士の方が似合うとは思うけど 遊びなれた町人の役も余裕で演じていたし、 あゆちゃんはこんな声も出るんだ~って感心しました。忠兵衛を慕う一途な気持ちがいじらしいです。
忠兵衛のお父さんとのやりとりも泣けました。


とにかく出演者全員お芝居がしっかりしていて雪組のメンバーすごいと思いました。


e0129862_16152094.jpg


私が今後の活躍を楽しみにしている雪組の若手男役の月城かなとさんと帆風成海さんです。


帆風さんは忠兵衛が当主である飛脚問屋亀屋の番頭伊兵衛と忠兵衛の旧友忠三郎の2役を演じているのですが 落ち着いたいい演技をされてます。まだ若いのに店を切り盛りしている年配の番頭さんに見えるところがすごいです。


月城さんも自然ないい演技をする人で 見た目もよくって歌も結構うまくて次の大劇場公演では目立つ役がつくのではないかと期待しています。
今人気急上昇中だと思うので早霧せいなさんがトップになったら3番手くらいのポジションにしてほしいくらいです。がんばれ、月城さん!



東京の日本青年館での公演は4月15日~21日なので東京でご覧になる方は楽しみにしていてくださいね。
ハンカチ忘れずに!



                                       by 西ノ森
[PR]
by nishi-no-mori | 2014-04-06 15:57 | タカラヅカ | Comments(4)


大好きなタカラヅカを中心に  きれいなもの  夢のあるものについて綴っています♪


by nishi-no-mori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
タカラヅカ
写真撮影
おでかけ
舞台・コンサート
映画

アート&カルチャー
フォト&ポエム
雑記
グルメ
未分類

最新のコメント

突然すみません。演劇検索..
by rimi-ocean at 12:13
☆ヤソ☆ コメントあり..
by nishi-no-mori at 21:49
マキさんのカレンダーの動..
by Yaso at 07:32
☆つるひめ☆ いつもコ..
by nishi-no-mori at 22:03
可憐なお花と可愛いマキち..
by つるひめ at 19:54
☆つるひめ☆ 北翔さん..
by nishi-no-mori at 21:30
北翔さん、いよいよ「さよ..
by つるひめ at 20:01
☆つるひめ☆ 「エリザ..
by nishi-no-mori at 22:53
両作品共、題名を聞いただ..
by つるひめ at 15:32
☆つるひめ☆ 部屋に入..
by nishi-no-mori at 22:21

最新の記事

宝塚宙組公演「王妃の館」「V..
at 2017-02-05 15:50
七海ひろき主演「燃ゆる風」観..
at 2017-01-22 16:05
カレンダー原画展
at 2016-10-11 22:50
星組公演「桜華に舞え」「ロマ..
at 2016-08-28 18:23
宙組公演「エリザベート」雪組..
at 2016-08-21 15:47

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

フォロー中のブログ

STERNENFLOR ...
Mimosa Garde...
タワラジェンヌな毎日
ギャラリー津 遊 ― ...
Chanter fab*...
Florence*non...
はんどめいど*のある暮らし
四季日和
Simple and O...
WESTWOODS*DIARY
London Scene

エキサイト以外のブログ

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
しずかな日々 椰月美智子
from 粋な提案

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
カメラ

画像一覧